企画営業部

Planning and Sales Department

interview
▲ 水澤(2015年中途入社)▲ 金持(2015年中途入社)

クライアント様への企画提案と自社ソリューションの新規提案が主な業務となります。
市場調査やクライアント様との話し合いを含めた細かい調査の他にも、常に新しい提案をし続けられるように心掛けることも大切な業務です。

1日の仕事の流れを教えてください

  • 09:30

    始業 メール返信、行動予定確認、資料作成

  • 11:00

    クライアントへの電話連絡、アポ取り

  • 12:30

    ランチ・休憩

  • 13:30

    アポ及び案件調整

  • 16:00

    企画書・資料作成 案件進捗確認

  • 19:30

    終業

  • ※このスケジュールは一例となります。

アポが無い日は実施済み企画のレポート作成や分析資料の作成や、クライアントと電話でコミュニケーションをとっております。
また、出張は月に1~2回程度で、関西方面に行くことが多いです。

社内打合せに関しては、全社ミーティングを月1回、営業ミーティングを月2回ほど実施しており、その他は案件ごとに都度、担当部門間で調整しています。

担当している企画の内容により、時に対応速度や柔軟性が求められる仕事ではありますが、基本的に個々の裁量でスケジュール調整も出来るため、仕事終わりにジムや飲みに行くことも多々あります。

どうしてりーふねっとに入社したのですか?

まず、周りのスタッフとの距離感が近いという点に魅力を感じました。

また、社長のもとで直に経営や企画、技術のノウハウを学ぶことが出来るので、自分自身を一気に成長させることが出来るとも思いました。

元々前職ではITとはあまり全く関係のない仕事をしていたのですが、りーふねっとには新しい物をどんどん取り入れる体質もあり、事業軸が一つに限られてなかったため、IT業界での経験が浅い自分でもやっていけると思い、入社を決めました。

また、ベンチャーで15年以上にわたり業績を伸ばし続けているという点にも、底力を感じました。

(金持)

入社してから感じたりーふねっとの魅力は?

常に成長を求められているところですね。
社長は社内で1番ハングリーに仕事をしていると思います。

新しい事業に対しての知識や姿勢など自分に求められている部分を気づかせてもらえ、社長から本当に多くの部分を吸収させてもらってます。
最近はそういった影響から業界や社会といった社外の動きに対するアンテナがどんどん研ぎ澄まされていることを感じます。
そして自分の役職に限らず色々なことをやらせてもらえています。

私は採用担当もやらせてもらっています。
お会いする機会も多いと思うので、お会いできたら是非お話しをしましょう。

(水澤)

入社してから感じた成長は?

仕事に対しての取り組み方や、考え方の変化が、自身が大きく成長できた部分だとと思います。

特に上司から学んだ「お客様から言われたことが出来るのは当たり前。+αの提案で感動を与える」という仕事に対する姿勢に、私は大きく影響を受けました。
たとえ 難しい要求を頂いた際にも、最初から「○○だからできない」ではなく、「どうすれば実現できるのか」を相手目線で考え、行動すること。
できるかどうかを考えるより、実現に向けて何に注力すればいいのかを考えるようになりました。

この成長は上司と近い距離感で仕事ができるりーふねっとだから得られた経験の一つです。

(金持)

仕事の流儀は?

積極的にとことん仕事を楽しむことですね。
これは私が前職でできていなかった失敗から学んだ教訓でもあります。

前の会社では受け身の姿勢で指示待ちで仕事をしていました。
今は新規の事業を行っていることもあり、自分で目標を設定してその達成に向けて能動的に仕事をしています。

人から言われる前に行動をして積極的に仕事を楽しんで、常に攻めの姿勢を崩さないことが大切だと思いますし、それを実践させてもらえているこの環境と自分がすごく好きですね。

(水澤)

あなたの夢は?

直近で見えている目標と、将来的に考えている夢の二段階があります。

直近の目標だと、今自分が関わっている放送業界で新しいサービスを展開することです。
自分の展開するサービスでテレビ業界をより盛り上げていきたいです。

また、将来的には事業立ち上げの経験などを通してりーふねっとで新しい角度からの事業を興していける人材になりたいです。

今は上長やパートナー企業をサポートしながら仕事をしている部分が多いのですが、そのような一流の人たちと肩を並べて仕事をできるようになりたいですね。

(金持)

ページ
トップへ